批評の手帖

浜崎洋介のブログです。連絡は、yosuke.khaki@gmail.comまで。

『表現者クライテリオン』最新号—「自民党は『保守政党』なのか?—戦後政治を超克するために」と、鎌田浩毅先生の『首都直下 南海トラフ地震に備えよ』(SB新書)のご紹介

 『表現者クライテリオン』の最新号(2024年7月号)が発売になりました。特集は、「自民党は『保守政党』なのか?—戦後政治を超克するために」です。冒頭の「『保守政党』なのか?」という問いかけは、もちろん「反語」ですが、要するに、「今や、保守政党でも何でもないじゃないか」と言いたいわけです。
 でも、これは単に表面をなぞっただけの自民党批判ではありません。『公明』のインタビューでも述べたことですが、はじめ「独立のための親米」だったものが、次第に「独立のために」が抜けて、単なる「親米」だけが残ってしまった現在の自民党、しかし、逆に言えば、そもそも自民党のDNA(=自民党流の保守本流)のなかには、単なる〈親米=従米〉に流されかねない遺伝子(弱さ)があったのであり、その結果としての「失われた30年」ではなかったかということです。そのあたり、より詳しい歴史的背景や分析が知りたい方は、是非、雑誌を手に取っていただければと思います。
 ちなみに、この国は、戦前においても「攘夷のための開国」だったものが、次第に「攘夷のために」が抜け落ちて「開国(文明開化)」だけが残っていくことになりました。が、それでも昭和には、そんな「開国(文明開化)」を問い直そうとする声が各所から挙がっていました。そして、その精華が、文学界・京都学派・日本浪漫派による「近代の超克」議論(昭和17年)として結晶してくるのです。もちろん、それも今読めば、限界のある議論であったことは否めません。が、翻って現在、果たして戦前の「近代の超克」に見合う議論がどれだけあるのか…。そう問い直せば、「戦後」の堕落が「戦前」以上であることは明らかでしょう。
 もはや、西田幾多郎も、小林秀雄も、保田與重郎も、福田恆存も、吉本隆明も、三島由紀夫も、江藤淳もいません…が、だからと言って手をこまねいてばかりもいられません。私たちにできる精一杯の「近代の超克」議論を、戦前以上に地に足をつけながら、地道に積み重ねていくしかありいません。
 以下は、雑誌の目次となります。参考にしていただければと思います。

目次
【特集座談会】
・日本において「保守政治」は可能か?/吉田 徹×白井 聡×藤井 聡×柴山桂太×浜崎洋介×川端祐一郎
・自由と民主だけでは「保守政党」にあらず/伊吹文明×藤井 聡
自民党はなぜ劣化したのか/小沢一郎×堀 茂樹×藤井 聡×柴山桂太

【特集論考】
自民党は何を保守すべきなのか―自民党は何を保守すべきなのか/西田昌司
・保守にとっての「ヘゲモニー」の戦略/仲正昌樹
・食料・農業・農村を犠牲にして我が身を守るのは保守ではない/鈴木宣弘
現代日本社会における保守政党自民党/西田亮介
・「質の高い普通の人々」を生み出し続ける国づくりをめざせ!/施 光恒

【新連載】
・風土と共同体 第一回 風土再生の根本問題(一)/山口敬太

【連載】
・「危機感のない日本」の危機―東京一極集中による国家崩壊の恐怖/大石久和
・與那覇潤連続対談 在野の「知」を歩く 第2回 古典をよむのは「逆張り」ですか?(後編)/ゲスト 綿野恵太
・「農」を語る 第2回 世界に誇るべき日本の小規模農業/山極壽一×藤井 聡
・アジアの新世紀 新連載 不可視のイスラーム帝国 ユーラシアを再編する学僧たち 第1回 修行のイスラーム文化/山本直輝
・映画で語る保守思想 第11回 絶望の淵で見出す「希望」とは?―『ペパーミント・キャンディー』を題材に(中編)/藤井 聡×柴山桂太×浜崎洋介×川端祐一郎
・虚構と言語 戦後日本文学のアルケオロジー 第三十二回 マルクスの亡霊たち―日本人の「一神教」理解の問題点④/富岡幸一郎
・徹底検証! 霞が関の舞台裏 脱藩官僚による官僚批評 第9回 規制改革の舞台裏/室伏謙一
・ひこばえ 風土に根ざす智慧と美徳 第二回 着物と刀―想いをまとい、美を携える―/首藤小町
経世済民 虫の目・鳥の目 第8回(最終回) 金融教育が日本を滅ぼさないために/田内 学
・欲望の戦後音楽ディスクガイド 第10回 OKI / No One's Land/篠崎奏平
・東京ブレンバスター⑫ ミツ荒川とオッペンハイマー但馬オサム

【巻末オピニオン】
・徳と鏡―政治改革論に足りないもの/柴山桂太

【書評】
・『ておくれの現代社会論 ○○と□□ロジー』中島啓勝 著/田中孝太郎
・『政治哲学とイデオロギー レオ・シュトラウスの政治哲学論』早瀬善彦 著/杉谷和哉
・『末裔』絲山秋子 著/橋場麻由
・『たまたま、この世界に生まれて ミラン・クンデラと運命』須藤輝彦 著/前田龍之祐

【その他】
・「戦後レジーム」と「保守本流」 岸田文雄アメリカ演説を考える(鳥兜)
・ラディカルな政治運動と結びつくスピリチュアリズム(鳥兜)
アイデンティティの「改変」――二十一世紀の「左翼」が目指すもの(保守放談)
・無反省なまま繰り返される観光公害(保守放談)
・塾生のページ
・読者からの手紙(投稿)

 あと、先日、鎌田浩毅先生から、『首都直下 南海トラフ地震に備えよ』(SB新書)をご恵贈頂きました。
 鎌田先生からは、いつも地震・防災などについての貴重な知見を学ばせて頂いていますが、素晴らしいと思うのは、「地球科学的な視点で人生を考える」や、「しなやかに生きる」や、「『解ける問題』と『解けない問題』を仕分ける」という節にもあるように、防災や危機管理にこそ、実は落ち着いいた「人生観」が必要だという指摘です。 
 この心構えは、まさにコロナ騒動の時に日本人が問われたものと同じですが、あの時ほど日本人の「未熟さ」が炙り出されたときはなかったように思います。その毒性を科学的に問うより手前で、ただただ慌てふためき、ヒステリーを起こし、異論を封じ込め、罵倒し、狼狽し…。当時、過剰自粛を批判した私自身(そしてクライテリオンも)、この「未熟さ」が他人ごとではなかった分、鎌田先生の言葉は身に沁みます。

『公明』インタビューと、「10ミニッツ」の動画告知

『公明』2024年7月号




 先日、公明党の機関紙『公明』からのインタビューを受けたのですが、今回、それが記事になりました。題して「日本の伝統的価値に棹さす中道政治への期待——公明党にい求められる中間共同体の賦活」。
 題名は、私がつけたものではありませんが、しかし、これ、結構力の入ったインタビューになりました。公明党には耳が痛いことも話していますが、それをそのまま載せてくれるところが公明党の懐の深さです(笑)。ここまで自由に政治と思想を往還させながら話したものを、そのまま記事にしてくれることは本当に稀です。
 ちなみに、インタビュアーの編集者の方が、とても誠実な方で、それもあって、いい記事にするべく結構手を入れました。お時間があれば、目を通して頂ければ幸いです。



10mtv.jp
 あと、こちらは「10ミニッツ」さんの最新講義のツイッター告知です。
 以前、「10ミニッツ」さんでは、「小林秀雄吉本隆明」を主題に講義を作ったことがあるのですが、今回は、その「続編」ということで、そこに「現代社会の問題と福田恆存」というモチーフを補足して、日本人の「幸福」について論じています。4日後の6月16日に公開されるとのことですが、こちらの方も力を入れて作っています。ご興味がある方は、ご覧頂ければ幸いです。
 また、この正・続の続きものの講義は、後日、書籍化するつもりですが、その際には色々と原稿を補足したいと思っています。よろしくお願いします!

辻田真佐憲×浜崎洋介「江藤淳とは何者だったのか? 文芸批評、保守思想、アメリカ」が、そろそろです!

shirasu.io
 気づいたら、辻田真佐憲さんの「国威発揚ウォッチ」の生放送も、もう来週(6月18日・火曜日)なんですね。と、今さら慌てて告知していますが、改めてよろしくお願いします!
 以下は、辻田さんの纏めて下さった「概要」です。

毎回大好評の保守言論人解説シリーズ。これまでに西部邁福田恆存を取り上げてきましたが、今回はその続きとして江藤淳にスポットを当てます。


江藤は、戦後日本を代表する知識人のひとりであり、『アメリカと私』や『成熟と喪失』などの代表作だけではなく、近年では『閉された言語空間』のWGIP論が盛んに言及されています。また没後20年を迎えた2019年には、平山周吉氏による『江藤淳は甦える』が出版されるなど、かれの業績への再評価の動きが見られます。


本番組では、江藤淳がなぜ文芸批評において重要な位置を占めるのか、かれが語る「保守」の意味するところは何か、そして彼がアメリカにどのような認識をもっていたかなどについて、深掘りしていきます。


ゲストはもちろん、今回も文芸批評家の浜崎洋介さんです。

♦♦♦♦♦♦♦♦
<ご質問などは以下のフォームより>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfuPIuD5KAV_gJoYf8LIdzhhVgimVQqYN1DL8DjOIi3N-D74g/viewform
<過去のゲスト回一覧>
https://shirasu.io/search?q=%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88&channelId=beobachter&includeEnded=true&sort=DESC
投げ銭
ゲスト回を増やすためにご支援いただける方は、以下より投げ銭をお待ちしております。
https://doneru.jp/tsujita

 それにしても予定帳を見て呆れてましたが、今週は菊池寛についての動画を作って、来週は、江藤淳(×辻田さん)から京都学派(×茂木先生)へ向かって、その次の週は北海道(講演)へ、そして翌週は表現者の関西シンポジウム、さらには塾と断捨離セミナーなので、本当に、そろそろ仕事をセーブしなきゃいけない気がしてきました…(汗)。
 「物書き」に沈潜するために京都に来たはずではなかったのか……などと思いつつ、でも、「保守思想入門」(第4回)の方はもう書き終えているので、あとはゲラ処理だけです。「本業」は死守しなければなりません(笑)。

もぎせかチャンネル特別トークイベント「京都学派と大東亜戦争」(6月22日)の告知!

tiget.net
www.youtube.com
 来る、6月22日、茂木誠先生の「もぎせかチャンネル」特別トークイベント@京都(14:30~18:00/TKP京都四条駅前 ホール8B Google マップ)に登壇させて頂きます。題して、「京都学派と大東亜戦争」!
 このイベントの趣旨は、茂木先生の言葉を使わせて頂ければ、・・・

ロシアのウクライナ侵攻と、日本の大東亜戦争(太平洋戦争)は、「欧米の正義」に対する挑戦という側面では共通項がありました。その哲学的意義を模索した京都学派は、敗戦と同時に「戦争協力者」と断罪され、歴史から抹殺されました。彼らが目指したものは何だったのか? 今日的意義は何か? 京大の浜崎洋介先生に語っていただきます。

 ということになります。
 私にとっては、京都での初めての公開イベントです。と同時に、これまであまり語ってこなかった西田幾多郎や京都学派に対する正面からの言及となります。西田幾多郎及び京都学派については、最近、思うところも多いのですが、それはまた当日に取っておきたいと思います(笑)。できるだけ分かりやすく話すつもりです。ご興味がある方は、上記のサイトから、是非、ご応募ください。よろしくお願いいたします!

「吉田松陰鼎談」(前・後編)と「不可知で神秘的な人生」(前・後編) !

www.youtube.com
www.youtube.com
 先日、経営科学のスタッフ(クライテリオン・チャンネル)と大場一央先生(儒学者/陽明書院チャンネル)の企画で、吉田松陰をめぐる動画(前編・後編)を撮ってきました。登壇者は、大場一央先生と松野敏之先生(国士舘大学)と私の三人で、前半は私の司会で(司会と言いつつ、喋り過ぎな気もしますが…汗)、後半は大場一央先生の司会で進行した鼎談です。
 専門家のお二人の胸を借りるつもりで乗った企画でしたが、久しぶりに「人文学」の醍醐味を感じることのできる鼎談となりました。詳しいことは、動画を見て頂ければと思いますが、私自身は、こんな時代だからこそ、改めて自分の足元から、つまり、「江戸思想」と「幕末」から日本人の「強さ」を問う必要を感じています。まだまだ勉強不足ですが(時間の問題もありますが…)、少しでも、日本人の「倫理」の在り方について、これから先も勉強しいていきたいと考えています。
 こんな私の素人談義に快く胸を貸して下さった大場先生、松野先生、そして、今回の企画を立案してくれた経営科学の編集者・スタッフの皆さんには、この場を借りて改めて感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました!
 ご興味があれば、是非、ご視聴いただければ幸いです。


www.youtube.com
www.youtube.com
 あと、論壇チャンネル「ことのは」の方でも、「不可知で神秘的な人生」の後編が見られるようになりました(念のため、前半と後半を二つセットで上げておきます)。
 後半の方が「本質論」になっていると思いますが、前半に引き続き、ご視聴いただければ幸いです。松陰鼎談の方は、国士舘大学大講堂をお借りしていますが、「ことのは」の撮影の方は、京都にある日蓮宗長壽山・本昌寺さんのお堂をお借りしています。そのせいなのか、やっぱりリラックスしていますね。雰囲気は大事です(笑)。
 こちらの方も、是非、よろしくお願いいたします!

『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』刊行告知動画と、文春ウェビナーの切り抜き動画

www.youtube.com
 『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』の刊行告知のため、藤井聡編集長と動画を撮ってきました!
 この本については、前回のブログでも告知したので、詳しいことはそちらに譲りますが、この動画は、この動画として十分に楽しめるものになっていると思います(笑)。藤井先生の勢いのあるトークに乗って、是非、本の方も手の取って頂ければと思います!


www.youtube.com
www.youtube.com
 あと、これは上記の動画を探しいていたら、新たに出てきた文春ウェビナーの切り抜き動画です。どこまで切り抜くんだという感じですが(笑)、こちらの方も、お時間があれば、よろしくお願いします!

『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』の発売と、論壇チャンネル「ことのは」出演の告知

 突然ですが、来る5月31日、『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』(クライテリオン叢書、啓文社)が発売になります!
 本書は、連載当時から好評だった「対米従属文学論」(藤井聡氏×柴山桂太氏×川端祐一郎氏×浜崎に、時々、富岡幸一郎先生に参加頂いて成った座談会/『表現者クライテリオン』2018年~2020年連載)に、この座談会が始まる直前に書いた拙稿「観念的な、あまりに観念的な——戦後批評の『弱さ』について」(『すばる』2018年1月号初出)を増補して書籍化したものです(この度、新装版としてリニューアルした「クライテリオン叢書」第1号—全部で4号目でもあります)。
 詳しい内容については、本書に譲りますが(あるいは「まえがき」に譲りますが)、帯でも謳っているように、本書は、硬直した「リベラリズム」で身動きがとれなくなっている文芸業界、さらには、作家その人への忖度が付きまとう文芸誌には、逆立ちしても真似のできいない「ド直球の文学論!」になっています。と同時に、クライテリオン編集部がクライテリオン編集部になった記念すべき座談会でもあります(その点、ここでしか読めない議論であることはもちろんのこと、抱腹絶倒の議論であることもお約束します・笑)。
 しかも、本書は、『表現者クライテリオン』という雑誌の本質はもとより、戦後文学史や戦後史の意味、そして、文学を本気で解釈するという営み、さらには、戦後における「保守思想」などの意味なども分かるように構成されています(論じた小説や作家については、簡便な「あらすじ」や「作家履歴」もつけていますので、作家や小説を知らなくても、間違いなく味わい楽しめるように工夫しています)。
 普段、自分の関わった本をここまで宣伝することは、まずないのですが(笑)、これだけは特別です。この本のなかには、2018年から始まった『表現者クライテリオン』の「青春」が凝縮されていると同時に(西部邁先生から雑誌を引き継いだばかりの当時は、半年で潰れるだろうという噂もありました...)、創刊当時の「熱」が凝縮していると言っていいでしょう。これは私の個人的な意見ですが、この座談会で培った「共通感覚」があったからこそ、コロナ騒動で揺れた時も(外部から分断攻勢を受けた時も)、私たちは互いを信頼することができたのだと考えています(少なくとも私の場合はそうでした)。
 また、本書は、私たちの仲間である若き編集者・近藤晶生さん(啓文社、クライテリオン担当/佐伯啓思門下)の最初の書籍編集の仕事ともなります。その意味でも、この本が、より多くの読者の手に届くことを願わずにはいいられません。
 今後、この本をめぐって色々とイベントをやろうと思っていますが、ご興味がある方は手に取っていただければ幸いです。
 以下は、目次となります。何卒、よろしくお願いします!

文芸誌には絶対に載らない、ド直球の文学論!
表現者クライテリオン』誌上で2018~2020年にかけて行われた座談会、「対米従属文学論」がクライテリオン叢書第4弾として待望の書籍化!第二部には補論として浜崎洋介氏の戦後文学批評の決定版ともいえる「観念的な、あまりに観念的なーー戦後批評の「弱さ」について」を収録収録!!

5月31日、全国の書店、またはオンラインストアで発売!!

本書の内容
 太宰治三島由紀夫大江健三郎村上春樹村上龍高橋源一郎島田雅彦……。
あらゆる価値感情を蒸発させてきた戦後日本人の精神史を代表的文学作品、文学批評から読み解く。
 アメリカ一極から多極化へ世界秩序が変わろうとする現在、アメリカに従属し、あらゆる価値感情を蒸発させてきた日本人は自立することが出来るのか。文学を通して戦後私たちが失ってきたものと残されたものを確認し、精神的な自立への足がかりを探る。
 第一部では太宰治から島田雅彦まで、戦後の代表的な文学を時系列で振り返り、日本人の精神が堕落していった経過を忖度なく語った「クライテリオンメンバー」による座談会を収録。第二部では戦後の文学批評を振り返って日本人に残された自然的な精神の在処を探った文芸批評家・浜崎洋介の論考を収録。
日本人の真価を問う一冊!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
まえがき    浜崎洋介

第一部 座談会 対米従属文学論
 第一章 「平和」への戸惑い  太宰治トカトントン」/大岡昇平「生きている俘虜」
 第二章 「戦後的日常」への頽落──「第三の新人」をめぐって  小島信夫アメリカン・スクール』/安岡章太郎「ガラスの靴」
 第三章 「戦後的日常」の拒絶  三島由紀夫『真夏の死』/『憂国
 第四章 戦後的ニヒリズムへの「監禁」  大江健三郎「後退的青年研究所」/「セヴンティーン」
 第五章 戦後的ニヒリズムの臨界値  開高健『輝ける闇』/村上龍限りなく透明に近いブルー
 第六章 高度成長後の風景  村上春樹風の歌を聴け』/田中康夫『なんとなく、クリスタル』
 第七章 「国土の荒廃」を読む  石牟礼道子苦海浄土─わが水俣病』/富岡多恵子『波うつ土地』
 第八章 「ポスト・モダン」の頽落を超えて  高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』/島田雅彦『優しいサヨクのための嬉遊曲』

第二部 観念的な、あまりに観念的なーー戦後批評の「弱さ」について    浜崎洋介
  I 内なる他者の発見
  II 隠された弱さ
  III 自己を超えるものへの問い
  IV 観念のカタストロフィ
  V 滅びぬ自然

あとがき     藤井聡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「まえがき」より一部をお届け!!
 敗戦と占領という事実から歩きはじめなければならなかった戦後日本人は、その劣等感もあって、戦後民主主義や平和主義など、アメリカ仕込みの「外発的」な価値観に必死で適応しようとしてきました。もちろん、その「外発的」なものを「内発的」なものにしようとする努力の全てが欺瞞であったとは言いません──それが戦後文学の摩擦と葛藤に満ちた歴史をかたち作ってきたのです──。しかし、その努力が「外発的」である限り、やはり、そこでの経験が、私たち日本人の「自然」な自信に結び付くことはなかったと言えます。
 (..)そして、その後に続くのが、今に至る「失われた三十年」、つまり、冷戦の崩壊とバブルの崩壊にはじまる日本の衰退と凋落の歴史だったのです。
 それは、他者であるところのアメリカを他者として意識できないほどに、日本人の内面がからっぽになり、かつ、その内面と社会とを繋ぐ必然の糸=歴史が見えなくなってしまったことと無縁ではありません。日本人がアメリカ製の「戦後レジーム」(九条─安保体制)を問わなくなった時期に、ということは、日本人が日本人自身の自己像を失い、グローバリズムなどという虚構の夢にうつつを抜かしはじめた時期に、日本の凋落が決定的になったということは、それこそ歴史的な事実として記憶されるべきでしょう。
 しかし、それなら、今一度、戦後日本人の「葛藤」を思い出しておく必要があるのではないでしょうか。あるいは、こう言ってもいい、「内発的」なものを犠牲にして「外発的」なものに適応し続けた結果として、現在の日本人の頽落があるのなら、今こそ、その「失敗の本質」を、戦後日本の精神史うちに、しかと見届けておく必要があるのではないかと。そして、おそらく、それを徹底的に見届けることができたとき、この痛々しい回顧は、ようやく私たち日本人の未来に向けた一歩を用意することになるのではないか。
(「まえがき」より)

www.youtube.com
 あと、これは先日お呼びいただいた論壇チャンネル「ことのは」の動画(題名「不可知で神秘的な人生」)です。これ、自分で見ても分かりますが、相当リラックスして話していますね。
 おそらく、これも福田恆存の評伝(ミネルヴァ書房)もお書きになっている川久保剛先生(麗澤大学)が運営されているチャンネルであること、また、インタヴュアーの今西さんが前もって色々と調べてくれていたことも大きく影響していると思います。共通のプラットフォームがしっかりしていると、私も「ゆっくり話す」ことができるのだということが、これで証明できたのではないでしょうか(笑)。
 お時間があれば、こちらの方も、是非よろしくお願いいたします!