批評の手帖

浜崎洋介のブログです。連絡は、yosuke.khaki@gmail.comまで。

第134回草莽志塾・講演「現代日本人の『自己喪失』の起源を問う」

www.youtube.com 先月の29日、北海道の草莽志塾で行った講演「現代日本人の『自己喪失』の起源を問う」が、「チャンネル桜北海道」さんのご協力でYouTube公開されました。 当日になって初めて、撮影が入ることを知ったんですが、「まぁ、いいか…」ということ…

開催告知!7/27(土)—表現者塾・信州支部学習会

the-criterion.jp もう時間が無くなってきましたが、来る7月27日(土)、表現者塾・信州支部学習会で「教育」についてお話させて頂きます。 レジュメの方は、まだ作ってはいいないものの、今の仕事が一段落したら、すぐに取り掛かるつもりです(さっき、東京出…

エドマンド・バーク『フランス革命についての省察』書評―「遅れをとることの倫理」

文藝春秋2024年8月号[雑誌]作者:藤原正彦,塩野七生,保阪正康,佐藤優,清武英利,内館牧子文藝春秋Amazon エドマンド・バーク『フランス革命についての省察』書評 『文藝春秋』に與那覇潤さんとリレー連載している「『保守』と『リベラル』のための教科書」(8…

「都知事選はなぜこんなにも荒れてしまったのか?」【藤井聡×浜崎洋介】

www.youtube.com これは「都知事選はなぜこんなにも荒れてしまったのか?」というお題を貰った上での動画となっています。 さっき軽くコメント欄を見たのですが、それこそ何となく荒れているような……(笑)。サムネイルの問題もありますが、人によっては「だ…

保守思想入門・第4回「『一般意思』という名の暴力~フランス革命の系譜学」がアップされました!

imidas.jp ようやく、保守思想入門・第4回「『一般意思』という名の暴力~フランス革命の系譜学」をアップすることができました! 実質、隔月の連載になってしまっていますが(…必ず交互に『クライテリオン』の執筆・編集の仕事が入って来るので…汗)、無事…

告知!—表現者クライテリオン・シンポジウム「"液状化"する関西で考える保守の再興」を7月6日,尼崎で開催します!

the-criterion.jp 来る、7月6日(土曜日)、表現者クライテリオン・シンポジウム「"液状化"する関西で考える保守の再興」を尼崎で開催します。これは、表現者恒例の地方行脚シンポジウムの一環ですが、関西の地での開催は3年ぶりとのこと。 以下は藤井編集…

【保守再考シリーズ】浜崎洋介×辻田真佐憲「江藤淳とは何者だったのか? 文芸批評、保守思想、アメリカ」の前半部分が見られるようになりました!

www.youtube.com 今週火曜日に出てきたばかりの「国威発揚ウォッチ」——【保守再考シリーズ】浜崎洋介×辻田真佐憲「江藤淳とは何者だったのか? 文芸批評、保守思想、アメリカ」の前半部分が見られるようになったようです。 「前半」のみとはいえ、これだけで…

6月22日(土曜日)のオンライン読書ゼミで、福田恆存『人間・この劇的なるもの』を取り上げます。

人間・この劇的なるもの (新潮文庫)作者:恆存, 福田新潮社Amazon つい先日、関係者から言われて気が付いたんですが(汗)、来る6月22日の土曜日、茂木誠先生との公開トークイベント(京都学派と大東亜戦争)の後、18:30~オンライン読書ゼミをやることにな…

東洋経済オンラインの方で『絶望の果ての戦後論』の一部(村上春樹論)が読めるようになりました!+文春ウェビナー切り抜動画

絶望の果ての戦後論 文学から読み解く日本精神のゆくえ (クライテリオン叢書)作者:浜崎 洋介啓文社書房Amazontoyokeizai.net toyokeizai.net 先日、『絶望の果ての戦後論』の一部、村上春樹編が、東洋経済オンラインの方で公開されました(前編「村上春樹『…

『表現者クライテリオン』最新号—「自民党は『保守政党』なのか?—戦後政治を超克するために」と、鎌田浩毅先生の『首都直下 南海トラフ地震に備えよ』(SB新書)のご紹介

表現者クライテリオン 2024年7月号 [雑誌]作者:藤井聡ビジネス社Amazon 『表現者クライテリオン』の最新号(2024年7月号)が発売になりました。特集は、「自民党は『保守政党』なのか?—戦後政治を超克するために」です。冒頭の「『保守政党』なのか?」とい…

『公明』インタビューと、「10ミニッツ」の動画告知

『公明』2024年7月号 先日、公明党の機関紙『公明』からのインタビューを受けたのですが、今回、それが記事になりました。題して「日本の伝統的価値に棹さす中道政治への期待——公明党にい求められる中間共同体の賦活」。 題名は、私がつけたものではありませ…

辻田真佐憲×浜崎洋介「江藤淳とは何者だったのか? 文芸批評、保守思想、アメリカ」が、そろそろです!

shirasu.io 気づいたら、辻田真佐憲さんの「国威発揚ウォッチ」の生放送も、もう来週(6月18日・火曜日)なんですね。と、今さら慌てて告知していますが、改めてよろしくお願いします! 以下は、辻田さんの纏めて下さった「概要」です。 毎回大好評の保守言…

もぎせかチャンネル特別トークイベント「京都学派と大東亜戦争」(6月22日)の告知!

tiget.net www.youtube.com 来る、6月22日、茂木誠先生の「もぎせかチャンネル」特別トークイベント@京都(14:30~18:00/TKP京都四条駅前 ホール8B Google マップ)に登壇させて頂きます。題して、「京都学派と大東亜戦争」! このイベントの趣旨は、茂…

「吉田松陰鼎談」(前・後編)と「不可知で神秘的な人生」(前・後編) !

www.youtube.com www.youtube.com 先日、経営科学のスタッフ(クライテリオン・チャンネル)と大場一央先生(儒学者/陽明書院チャンネル)の企画で、吉田松陰をめぐる動画(前編・後編)を撮ってきました。登壇者は、大場一央先生と松野敏之先生(国士舘大…

『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』刊行告知動画と、文春ウェビナーの切り抜き動画

絶望の果ての戦後論 文学から読み解く日本精神のゆくえ (クライテリオン叢書)作者:浜崎 洋介啓文社書房Amazonwww.youtube.com 『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』の刊行告知のため、藤井聡編集長と動画を撮ってきました! この本につ…

『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』の発売と、論壇チャンネル「ことのは」出演の告知

絶望の果ての戦後論 文学から読み解く日本精神のゆくえ (クライテリオン叢書)作者:浜崎 洋介啓文社書房Amazon 突然ですが、来る5月31日、『絶望の果ての戦後論—文学から読み解く日本精神のゆくえ』(クライテリオン叢書、啓文社)が発売になります! 本書は…

西部邁『思想の英雄たち』書評(『文藝春秋』)と、動画(神社チャンネル・むすび大学チャンネル)と、文春ウェビナーの切り抜き動画

文藝春秋2024年6月号[雑誌]作者:藤原正彦,塩野七生,保阪正康,佐藤優,清武英利,京極夏彦,内館牧子,太田光代文藝春秋Amazon 西部邁『思想の英雄たち』書評 與那覇潤さんと一緒に『文藝春秋』にリレー連載している「『保守』と『リベラル』のための教科書」(6…

「なつかしい一冊/ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』」(毎日新聞)と、あるがままラジオ3本!

mainichi.jp 「なつかしい一冊/ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』」 『毎日新聞』の「なつかしい一冊」のコーナーに、ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』についてのエッセイを寄稿しました。久しぶりの「過去回顧」風のエッセイです。 読んだままなので、わざわざ屋…

表現者塾特別講座「キェルケゴールの生の哲学」(講師:鈴木祐丞氏)のお知らせ

【先着30名】特別講座「キェルケゴールの生の哲学」(講師:鈴木祐丞先生)のご案内キェルケゴール ――生の苦悩に向き合う哲学 (ちくま新書 1772)作者:鈴木 祐丞筑摩書房Amazon 突然ですが、来月の5月11日の表現者塾(浜崎講義回)の前(14:00~16:30)…

保守思想入門・第3回「フランス革命に対する二つの態度~バークとカント」がアップされました!

imidas.jp 保守思想入門・第3回「フランス革命に対する二つの態度~バークとカント」が、imidasサイトにアップされました。 今回から、いよいよ第一章に入るわけですが、それに伴って内容が一気に具体的になります。 詳しくは本文を読んで頂ければと思いいま…

『表現者クライテリオン』最新号(2024年5月号)発売と、「辻田真佐憲の国威発揚ウォッチ」と「神社チャンネル」

表現者クライテリオン 2024年5月号ビジネス社Amazon まず、『表現者クライテリオン』の最新号発売のお知らせです。 今回の特集は「不信の構造、腐敗の正体――政治・エンタメ・財務省」。他者に対する「不信」が増せば増すほど、その信頼の穴をシステムで埋め…

動画集成——①表現者塾・塾生募集動画、②5バリューアセット講演(西郷隆盛論)、③映画「ペパーミント・キャンディ」座談会、④文春ウェビナーなど

紹介しなきゃいけない動画が一杯なので(汗)、一気に紹介させて頂きます。www.youtube.com まずは、表現者塾の塾生募集の告知動画です。同じクライテリオンの編集委員である柴山さんと、2023年度の講義を振り返りつつ、来る2024年度の塾への展望を語ってい…

映像講座「学校では習わないもう一つの日本史」の発売決定!

www.youtube.com 経営科学出版さんの方で、新しい映像コンテンツを作成・販売することになりました。題して「学校では習わないもう一つの日本史」(Vol1~Vol4)。 概要については、動画でも告知していますが、要するに「日本思想400年史」です。江戸思想を…

オルテガ『大衆の反逆』の書評(『文藝春秋』2024年4月号)と、茂木誠先生とのトークイベントの告知と、過去の文春ウェビナー

ISBN:4003423119 オルテガ『大衆の反逆』書評(『文藝春秋』2024年4月号) まず、與那覇潤さんとのリレー書評連載「『保守』と『リベラル』の教科書」の原稿―オルテガ『大衆の反逆』(岩波文庫)の書評です。これは『文藝春秋』の最新号(2024年4月号)に寄稿…

『正論』の最新号(2024年4月号)に「保守派」批判の論考「喪われた『批判の作法』」を寄稿しました!

月刊正論 2024年 04月号 [雑誌]作者:正論編集部日本工業新聞社Amazon 先日、本当に久しぶりに『正論』に寄稿しました。題して「喪われた『批判の作法』」。 今回の原稿は、あっさり言えば、今や「自分の外」に敵を見出し、ルサンチマンと被害妄想を膨らませ…

「保守思想入門」第二回―序章「保守思想」とは何か~「伝統」と「実践知」について

imidas.jp imidas.jp ようやく「保守思想入門」の第二回目をアップすることができました(念のため、第一回目も載せておきます)。 序章の2回目は「『伝統』と『実践知』について」と題して、私たちの実践を支える「暗黙の力」としての「直観」「先入観」「…

インフラ特集の『クライテリオン』と、『福田恆存の言葉』(文春新書)の刊行!

表現者クライテリオン 2024年3月号ビジネス社Amazon まずは『表現者クライテリオン』最新号のお知らせです。 今回の特集は「日本を救うインフラ論—今、真に必要な思想」です。 今年の初めに起きた能登半島地震で、改めて明らかになったと思いますが、私たち…

明日2月9日(金)19時~、文春ウェビナーで「『保守』と『リベラル』、それぞれを叱る」をやります(+知らない動画)

www.youtube.com 昨日まで風邪で寝込んでいて色々と仕事が滞っているにも関わらず(汗)、明日2月9日(金)19時~、いつもの文春ウェビナーで、與那覇さんと「『保守』と『リベラル』、それぞれを叱る」という対談をやります(…汗)。 これは、『文藝春秋』で…

『「過剰医療」の構造』出版!

過剰医療の構造作者:藤井 聡ビジネス社Amazon 先日、『「過剰医療」の構造』がビジネス社さんから出版されました! これは、クライテリオンでも特集した「『過剰医療』の構造―病院文明のニヒリズム」を再編集・増補して書籍化したものです。つまり、一定期間…

日本人の「インフラ論」!

www.youtube.com www.youtube.com 『表現者クライテリオン』の座談会(藤井聡編集長×白水靖郎先生×浜崎)を撮影した動画です。 お題は、ほとんどの日本人がその本質を理解していない〈インフラ=下部構造〉論です。私自身、藤井先生や白水先生から、色々と学…