批評の手帖

浜崎洋介のブログです。連絡は、yosuke.khaki@gmail.comまで。

「吉田松陰鼎談」(前・後編)と「不可知で神秘的な人生」(前・後編) !

www.youtube.com
www.youtube.com
 先日、経営科学のスタッフ(クライテリオン・チャンネル)と大場一央先生(儒学者/陽明書院チャンネル)の企画で、吉田松陰をめぐる動画(前編・後編)を撮ってきました。登壇者は、大場一央先生と松野敏之先生(国士舘大学)と私の三人で、前半は私の司会で(司会と言いつつ、喋り過ぎな気もしますが…汗)、後半は大場一央先生の司会で進行した鼎談です。
 専門家のお二人の胸を借りるつもりで乗った企画でしたが、久しぶりに「人文学」の醍醐味を感じることのできる鼎談となりました。詳しいことは、動画を見て頂ければと思いますが、私自身は、こんな時代だからこそ、改めて自分の足元から、つまり、「江戸思想」と「幕末」から日本人の「強さ」を問う必要を感じています。まだまだ勉強不足ですが(時間の問題もありますが…)、少しでも、日本人の「倫理」の在り方について、これから先も勉強しいていきたいと考えています。
 こんな私の素人談義に快く胸を貸して下さった大場先生、松野先生、そして、今回の企画を立案してくれた経営科学の編集者・スタッフの皆さんには、この場を借りて改めて感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました!
 ご興味があれば、是非、ご視聴いただければ幸いです。


www.youtube.com
www.youtube.com
 あと、論壇チャンネル「ことのは」の方でも、「不可知で神秘的な人生」の後編が見られるようになりました(念のため、前半と後半を二つセットで上げておきます)。
 後半の方が「本質論」になっていると思いますが、前半に引き続き、ご視聴いただければ幸いです。松陰鼎談の方は、国士舘大学大講堂をお借りしていますが、「ことのは」の撮影の方は、京都にある日蓮宗長壽山・本昌寺さんのお堂をお借りしています。そのせいなのか、やっぱりリラックスしていますね。雰囲気は大事です(笑)。
 こちらの方も、是非、よろしくお願いいたします!