MMT理論を特集した『表現者クライテリオン』最新号(2019年9月号)が発売になりました!

表現者クライテリオン 2019年 09 月号 [雑誌]

表現者クライテリオン 2019年 09 月号 [雑誌]

 先日、『表現者クライテリオン』の最新号(2019年9月号)が届きました。
 今回の特集は豪華です。前半に「MMTと日本―現代貨幣理論の真実」と題した特集を組んで、純粋な経済学的考察から経済政策までの座談・論考を掲載し――内輪褒めになってしまいますが、MMTの信用貨幣論の正しさを認めつつ、国民国家体制下での商品貨幣論の幻想の払拭し難さをも指摘した柴山さんの論考は、まさにクリティカルでした!――、後半に「『第二次世界大戦』とは何だったのか」という第二特集を組んで、クライテリオン初登場の長谷川三千子先生の論考をはじめ、野中郁次郎先生の論考、また表現者賞を受賞した新人・礒邉精僊氏の論考などを掲載しています――ついでに言えば、「対米従属文学論」も、今回は鹿児島特別編と題して、吉田満戦艦大和ノ最期』と、島尾敏雄『出発は遂に訪れず』という二つの「特攻文学」を扱っています。
 第一特集に関して言えば、サンダース大統領候補のブレーンも務めるステファニー・ケルトン教授をMMT国際シンポジウムに招聘し、その師匠筋に当たるL・ランダル・レイ教授の『MMT現代貨幣理論入門』(東洋経済新報社)の翻訳が出たこの時期に「MMT特集」を組めたことは、雑誌編集として、非常に意義ある仕事になったと思っています。「保存版」の意味も込めて、是非、手にとっていただければと思います(※ちなみに、今回から、「思想の転換点――平成から令和へ」と題して、宮崎哲弥氏と藤井編集長との新企画―巻末座談会〔第1回(前半)ポストモダン/新自由主義から、暗黒啓蒙へ―宮崎哲弥氏×松尾匡氏×中島岳志氏×藤井聡氏〕が始まります。そちらの方も、どうぞ、よろしくお願いします!)

 私自身の仕事としては、今回は二つに的を絞っています。一つは、先にも触れた「対米従属座談会・鹿児島特別編―「特攻文学」をめぐって・吉田満戦艦大和ノ最期』/島尾敏雄『出発は遂に訪れず』」(施光恒×編集部)であり、もう一つが、連載最終回となる「近代/日本を繋ぐもの-『ふるさと』をめぐる批評」という論考です。
 後者の方は、文字通り「ふるさと」をめぐって、坂口安吾から小林秀雄へ、そして福田恆存へと「批評」の橋を渡そうとした仕事になっています(これまでで一番長い原稿となってしまいましたが・・・汗)。一見、相容れないかに見える安吾と小林、あるいは無頼派と保守思想ですが、しかし、彼らの言葉の底には常に「必要」とういう名の思想が脈打っていました。「近代主義」と「日本主義」とを同時に峻拒しながら、なお、「近代」と「日本」とを繋ぐこと。おそらく、それは、今現在においてこそ「必要」な思想だと思われますが、それが、どのような「態度」において可能だったのか。できるだけ、分かりやすく書いたつもりです。一読して頂ければ幸いです。
 以下は、『表現者クライテリオン』最新号の目次となります。手にとって確かめて頂ければと思います。

【特集1】MMTと日本――現代貨幣理論の真実
財務省から財政主権を取り戻せ! (MMT政治座談会)/竹内譲・西田昌司藤井聡
国家が貨幣をつくる/柴山桂太
MMTと主流派経済学者の危機/青木泰樹

「日本はMMTの実証例」のもう一つの意味/島倉原 固定観念を払拭し、「本来あるべき政府の財政」を取り戻せ――翻訳者が読み解く『MMT 現代貨幣理論入門』/鈴木正徳
日本の財務大臣MMTに被害妄想を抱く/ビル・ミッチェル(中筋浩平訳)
内生的貨幣供給論とは何か――現代の貨幣経済を読み解く/内藤敦之
現代貨幣理論(MMT)の思想的源流/岡本英男
MMTとは「ロマン派経済学」である――ステファニー・ケルトン教授来日公演レポート/池戸万作
貨幣観が変われば、歴史観も変わる――中野剛志『富国と強兵 地政経済学序説』を読む/田中孝太郎
米上院のMMT非難決議案/佐藤健志(だからこの世は宇宙のジョーク)

【特集2】「第二次世界大戦」とは何だったのか
百年の欺瞞を暴け/長谷川三千子
日本に戦略ありや――?作戦と戦略を取り違えてはいけない/野中郁次郎
繰り返される悲劇/柴山桂太
大衆の戦争としての二次大戦/磯邉精僊
失われた政府への信用/佐藤健志(一言一会)
戦後の言論空間――令和になっても「戦後」は終わらない/富岡幸一郎(虚構と言語 戦後日本文学のアルケオロジー)
「特攻文学」をめぐって――吉田満戦艦大和ノ最期』・島尾敏雄『出発は遂に訪れず』/施光恒&編集部(対米従属文学論 鹿児島特別編)

【新連載】
思想の転換点――平成から令和へ 第1回(前半)
ポストモダン/新自由主義から、暗黒啓蒙へ/宮崎哲弥松尾匡中島岳志藤井聡

【連載】
協同組合が生きる時代へ/中野剛志(農は国の本なり)
国土学が解き明かすヨーロッパ人・中国人・日本人の謎/大石久和(「危機感のない日本」の危機)
城下町の町づくり――「拡張開発型」から「整備再生型」へ/松原隆一郎(時がつくる場所)
政治体制としての「デモクラシー」の存続のために――「ポピュリズム」について考える(2)/白川俊介(ナショナリズム再考)
家康が関東で発見した宝――大油田と大穀倉地帯/竹村公太郎(地形がつくる日本の歴史)
朝顔との親しさ/施 光恒(やわらか日本文化論――園芸文化と日本人)
ゴシップの力――「噂話」が心と社会を作り上げた/川端祐一郎(思想と科学の間で)
テレビが「新聞」になる日/松林 薫(逆張りのメディア論)
終わらざるマキァヴェリアン・モーメント/佐藤一進(実践としての歴史叙述)
フランスの自死/平坂純一(保守のフランス史)
天上の影が映る街――ニューヨークと私/鈴木ふさ子(時の旅へのエッセイ ある街角から)
「ふるさと」をめぐる批評/浜崎洋介(近代/日本を繋ぐもの)
メディア出演瓦版/平坂純一
編集長クライテリア日記(令和元年6月~7月)/藤井聡

【書評】
平山周吉著『江藤淳は甦える』/岡﨑祐貴
岸田秀著『唯幻論始末記――わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか』/篠崎奏平
河西秀哉著『平成の天皇と戦後日本』/佐藤慶

【その他】
地獄への扉を開く安倍内閣、それを看過する国民(鳥兜)
日韓は「冷静な喧嘩」をやるべし(鳥兜)
勝者なき参院選(保守放談)
吉本興業芸人・反社騒動」に見る日本の品性下劣ぶり(保守放談)
消費税の「一時的減税」を認めよ(保守放談)
読者からの手紙(投稿)

「参院選」の結果を受けて―「ナビゲート2019」その他の記事を書きました。

mainichi.jp
 今回の参院選の結果を受けて、毎日新聞に「『ポピュリズム』の萌芽」というコラムを寄稿しました。
 イギリスでは、ハードブレグジットも辞さないと言うボリス・ジョンソンが新首相の座に就きましたが、今や、グローバリズムと緊縮で傷ついた世界では何が起こってもおかしくありません。吹き荒れるMMT批判を見ても分かるように(真っ当な批判には耳を傾けたいと考えているものの、あまりに誹謗中傷のレベルが多すぎます)、日本のメディア・知識人の感度は相変わらず低いですが、今回の「れいわ新選組」の躍進は(しかも、「れいわ新選組」はMMTを主張しています)、まさに、そんな彼らの予想を裏切る結果を示しています。年収200万円以下の貧困層が900万人以上にまで拡大していると言われる現在、ネオリベ路線(安倍晋三的なるもの)からの「転換」がない限り、日本の沈没が加速していくことはもちろん、この「ポピュリズム」傾向が拡大していくことも間違いありません。
 ちなみに、故・西部邁先生の言葉を借りれば、「ポピュリズム」(人々=人民主義)と「ポピュラリズム」(人気取り)は違います。過去にあった小泉現象や、橋本現象、はたまた小池現象などは、メディアの支持を取り付けて盛り上がった「ポピュラリズム」です。が、今回の「れいわ現象」は(そして、トランプ現象もブレグジットも…)、少なくとも積極的なメディアの支持はなかったはずです。つまり、「れいわ新選組」は、純粋に「人々」の怒りや不満や主張を、その原動力にしているということです。

 あと、最後に参院選絡みで書いたメルマガと、チャンネル桜の討論も紹介しておきます。「保守派」の方々の感度を確かめるにはいいかもしれません(笑)
the-criterion.jp
www.youtube.com

参院選を前に、「MMT(現代貨幣理論)は日本を救うか?」の議論に参加してきました。

www.youtube.com

 私の本業は、あくまでも「文芸批評」(文芸としての批評)を書くことだと自覚しているので、これまで出演した「TV番組」は、基本的に文筆業の「ついで」にしか紹介してこなかったのですが(あるいは告知しなかったのですが)、参院選を前にした、この度ばかりは例外です。
 この度のチャンネル桜さんの議論自体は「MMT」(現代貨幣理論)を巡った議論でしたが、それが三時間目からは「安倍晋三批判」に雪崩をうち、ついに私自身も吠えてしまいました(…汗)。ここまで烈しい安倍政権批判は「チャンネル桜」さんでは珍しいものなのかもしれませんが……私自身、これまで溜め込んで来た「安倍政権」と日本の「保守派」に対する怒りが込み上げてきてしまったのだと思います。が、「嘘」を言ったつもりは全くありません。その後、立場が不利になるかもしれないにも関わらず、具体的な事例と数字で安倍政権を冷静に分析し、「安倍批判」をサポートしてくれた藤井先生の「男気」には感謝しかありません。
 参院選を前に、是非、一度ご覧いただければと思います。

「『増税やむなし』という空気」(毎日新聞/ナビゲート2019)の記事と、福岡シンポジウム成功の御礼

mainichi.jp
 しつこいのは承知の上で、今日の毎日新聞の夕刊に「『増税やむなし』という空気」というコラムを寄稿しました。
 単なる増税批判ではなく、そのあまりに不条理な判断――デフレ下での、しかも日中貿易戦争下での増税という判断――を促している「空気の支配」(山本七平)の根深さについて、それを戦艦大和の無謀な出撃を引き合いに出しながら論じています。
 危機を経て「一身にして二生を経るが如く」(福沢諭吉)緊張している間は「まとも」であることもできる日本人は、しかし、その緊張から遠ざかるに従って、なぜかこの不条理な「空気の支配」を受け始めます。戦前は明治維新から73年にして日米開戦という無謀に踏み切りましたが、戦後は74年にして「移民」と「消費増税」に踏み切りました。しかも、それが、どれだけ危険な選択であるかの自覚もなしに…。
 もはや言葉もありませんが、これを為したのが、「”保守派”が大好きな安倍政権」であることを忘れてはなりません。この「失敗」をどれだけ正しく自覚できるのかが、これからの私たちの道行きを決めることになるでしょう。



the-criterion.jp
 また、お陰様で先週末の「九州から考える日本再生・表現者クライテリオン福岡シンポジウム」(6月29日)を無事に終えることが出来ました。シンポジウムの後に3次会に流れ込むほどの盛り上がりを見せましたが(笑)、 やはり「九州」は違いますね。参加して下さった方々、協力して下さった方々に改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました!
 その後、鹿児島の知覧まで行って「知覧特攻平和会館」を見学した後、そこで「対米従属文学論」の座談会を収録しましたが、それについては、また次号の『クライテリオン』を楽しみにしていただければと思います(取り扱ったのは、「特攻文学」である吉田満戦艦大和ノ最期』と島尾敏夫『出発は遂に訪れず』です)。
 今、鹿児島は、大雨で大変ですが(私も、空港行のバスに8時間近く閉じ込められました…)、これ以上の大事に至らないことを祈っています。

『表現者クライテリオン』最新号(2019年7月号)が発売になりました!

表現者クライテリオン 2019年7月号[雑誌]

表現者クライテリオン 2019年7月号[雑誌]

 『表現者クライテリオン』最新号が、今日から店頭に並びます!
 今回の特集テーマは「日本外交の大転換―新時代の勢力論」と題して、クライテリオン初の「外交特集」です。
 いつまでも、「嫌韓・嫌中」と言ってても話は始まらないわけで(ひねくれた韓国が問題であること、中国の膨張主義が脅威であることはもちろんなんですが)、その「いかようにもし難い他者」(米国・ロシア・北朝鮮を含めて)を前に、どう「外交」を展開することができるのか――要するに、相手が勢力を伸ばそうとしている現場で「戦力均衡」(バランス・オブ・パワー)を目指すのだとしたら、どのような「態度」と「戦略」が必要なのか――、というのが今回の特集テーマです。これまで『表現者クライテリオン』にあまりご登場願えなかった方々(呉善花氏、遠藤誉氏、ローバート・D・エルドリッチ氏、山田吉彦氏、藤和彦氏、堀茂樹氏――堀さんには以前にもご登場願っていますが――)にもご寄稿頂いて、この度の特集を組むことが出来ました。ご寄稿頂いた皆様には、改めて感謝申し上げたいと思います。
 また、この度は「新連載」が二つ始まります。
 一つは、以前「表現者賞」を受賞した磯邊精僊氏の「問ひ質したきことども(第一回・もののふの有り様)」、もう一つは白川俊介氏「ナショナリズム再考―『ポピュリズム』について考える①」です(ちなみに、磯邊さんの表題は、福田恆存の最後の著作『問ひ質したきことども』からとっているものと思われますが、こういう文章は、「弱者」(繊細)を気取るしか能のない文化人や、「学問」(権威)を気取るしか能のないアカデミシャンには絶対に書けません。これからの活躍を期待したいと思います)。

 私の方は、今回の「特集」の方には書いていないのですが、その他に三つほど文章を載せています。
 一つは、いつもの、①「保田與重郎小論―近代/日本を繋ぐもの・第七回」と、②座談会「対米従属文学論―高度成長後の風景・村上春樹『風の歌を聞け』、田中康夫『なんとなく、クリスタル』」、そして、③井口時男『蓮田善明―戦争と文学』の書評「今、甦る蓮田善明―『危機』における自己変革」です。
 ちなみに、連載の方は、そろそろ「戦前」が終わるので、次回(第8回)で一旦「小休止」にしようかと思っています。雑誌が軌道に乗るまでということで始めた連載でしたが、雑誌の方向性や色も定まってきたところで、そろそろ「編集委員の登場しすぎ(笑)」を抑えて、「企画」「編集」「特集原稿」などの方に集中してもいいのではないかと考えた次第です(新人も登場して来たことですし)。論壇誌での「文学史論」については、あまり読まれる連載ではなかったという自覚はありますが(笑)、読んで下さった方々には、心から感謝申し上げます(時々頂く感想が励みでした)。ありがとうございました。
 「戦後篇」については、またどこかで始められればと思っています(ちなみに、今回の保田與重郎論は、保田のテクストを読み込んだ上での「保田批判」です。保田を批判するなど、「右にあるまじき態度」かも知れませんが〔笑〕、それが私の偽らざる保田評価です――物凄く簡単に言うと、保田には「直感」の対象である「他者」が不在なのです――)…ということで、書評や座談会を含め、是非、一読、よろしくお願い致します!
 以下は、最新号の目次(概要)となります。

目次
【特集】
パブリック・ディプロマシー/小原凡司×桒原響子×藤井聡 (座談会)
•八方塞がりの韓国との付き合い方/呉善花(インタビュー)
•敗北を招いた日本の対中平成外交――中国の地政学的な長期戦略を見抜け/遠藤誉
•日米関係における今日の「沖縄問題」――普天間基地辺野古移設をめぐって/ロバート・D・エルドリッヂ
•再考すべき日本の島嶼防衛――迫り来る中国の脅威に備えて/山田吉彦
•エネルギー安全保障の要諦は「多様化」にあり/藤和彦
•主権をめぐる現況/堀茂樹
•戦後秩序の「大転換」――米中貿易戦争と日本(鳥兜)
•外交交渉と言論――「丸山発言」をめぐって(鳥兜)

【新連載】
•望ましい政治社会のヴィジョンを構想するために/白川俊介(「ポピュリズム」について考える)
もののふの有り様/磯邉精僊(問ひ質したきことども)

【連載】
•転落への転換点一九九五年から始まる日本の危機/大石久和(「危機感のない日本」の危機)
•宮脇檀と「戸建て住宅の集合」/松原隆一郎(時がつくる場所)
•対米従属文学論:高度成長後の風景(村上春樹『風の歌を聞け』、田中康夫『なんとなく、クリスタル』)/本誌編集部(座談会)
ビスマルクの武断主義と避戦外交/伊藤貫(リアリスト外交の賢人たち)
「農政の農村離れ」を憂う/小田切徳美(農は国の本なり)
•哀しいよな、日の丸ってやつは /佐藤健志(一言一会)
•状況と寓話/富岡幸一郎(虚構と言語 戦後日本文学のアルケオロジー
•中間集団の抵抗力/柴山桂太(「常識」を考える)
•北海道は「植民地」のままでいいのか?/古川雄嗣(北海道、この見棄てられた大地)
•地形を味方にした秀吉/竹村公太郎(地形がつくる日本の歴史)
向島百花園にみる江戸の活力/施光恒(やわらか日本文化論)
保田與重郎小論/浜崎洋介(近代/日本を繋ぐもの)
•「多様性」が社会の活力を奪うという逆説/川端祐一郎(思想と科学の間で)
•日本の新聞産業の特殊性/松林薫(逆張りのメディア論)
•狂気の世紀末と大戦前夜/平坂純一(保守のフランス史
•何処でもない街/鈴木ふさ子(時の旅へのエッセイ ある街角から)
•都構想 VS 二十三市連合構想/佐藤健志(だからこの世は宇宙のジョーク)
•激動の時代、政治家は実践知を偉人の経験から学べ/野中郁次郎(危機と対峙する人間思考)
•編集長クライテリア日記/藤井聡

【書評】
井口時男著『蓮田善明――戦争と文学』/浜崎洋介
•フォルカー・ヴァイス著『ドイツの新右翼』/岡﨑祐貴
•ダニ・ロドリック著『貿易戦争の政治経済学――資本主義を再構築する』/折田 唯
•マーク・フィッシャー 著『わが人生の幽霊たち――うつ病、憑依論、失われた未来』/篠崎奏平

【その他】
•メディア出演瓦版/平坂純一
•読者からの手紙(投稿)

「ナビゲート2019」(毎日新聞)に「『消費増税』という不条理」を寄稿しました。

mainichi.jp
the-criterion.jp

 先日、米中貿易戦争に絡めながら「『消費増税』という不条理」(『毎日新聞』2019年5月29日付夕刊)という文章を書きました。
 そのついでと言っては何ですが、私が以前に書いた「ネット記事」(表現者クライテリオンのメルマガ)もご紹介しておきます。
 
 しつこいですが、そろそろ「消費増税凍結」を判断するリミットです。一人でも多くの方に読んでいただきたいと思います。
 この状況で増税したら、この国は、またしても「空気」で敗北することになります。くどくどとは書きませんが、「消費増税」する合理的理由は内にも外にも一ミリもありません(消費増税してはいけない理由は山ほどありますが…)。実際、財務省も新聞社も「消費増税」の根拠を全く説明できていません。一見、説明に見えるものは、全て反論可能であり、消費増税批判に対する有効な再反論については、未だ耳にしたことがありません。
 詳しくは『別冊クライテリオン:消費増税を凍結せよ』所収の拙論「政治において『既定路線』などありえない」や、【Q&A】「増税やむなし」と言われたら、こう言い返せ――10の想定問答 | 表現者クライテリオン、また藤井先生が纏めていらっしゃる、➀【藤井聡】<拡散希望>Q&A「増税やむなし」と言われたら、こう言い返せ―10の想定問答(前編) | 「新」経世済民新聞、②【藤井聡】<拡散希望>Q&A「増税やむなし」と言われたら、こう言い返せ―10の想定問答(中編) | 「新」経世済民新聞、③【藤井聡】<拡散希望> 増税推進の学者やエコノミストは「ウソつき」である。 ~Q&A 10の想定問答(後編)~ | 「新」経世済民新聞などをご参照ください。
 ここまで不条理だと、つくづく日本人(のエリート連中)が嫌になってきますが、しかし、勝っても負けても、私が「日本人」をやめるわけにもいきません。人には、それぞれ限界がありますが、与えられた場所で、出来る限り努力していくしかありません。
 最近、議論で勝って、現実(政治)で負けてしまった福田恆存の悔しさ(例えば「国語国字改革」)を思うことが多くなりました…。

『江藤淳―終わる平成から昭和の保守を問う』(河出書房新社)が刊行されました。

江藤淳: 終わる平成から昭和の保守を問う

江藤淳: 終わる平成から昭和の保守を問う

 少し告知が遅れてしまいましたが、ムック本『江藤淳―終わる平成から昭和の保守を問う』(河出書房新社)が5月18日に刊行されました。私も「動揺する精神―江藤淳の生と死」を寄稿していますが、その他にも、同じ「すばるクリティーク賞」の審査委員の中島岳志さんや、ついこの間対談させて頂いた與那覇さんなども寄稿しています(というか、中島さんは「監修」ですが)。
 江藤淳に対して、私はアンヴィバレントな感情を持っていますが、その理由を含め、今回の論考では江藤淳の「全体像」を描きながら、その魅力≒危うさがどこにあったのか――言い換えれば、江藤淳が「政治による抑圧を引き受けた上で文学に向かったのか」、それとも「文学による喜びを感受しつつ、その一部を譲ることによって政治に向かったのか」、その辺りの江藤の「動揺」について考えた論考になっています。一読していただければ幸いです。
 
 また告知ついでに、チャンネル桜での「消費増税批判」の討論も紹介しておきます。
 言いたいことの十分の一も言えないままに終わってしまったという感じでしたが(チャンネル桜さんの「闘論!倒論!討論!」では、そういうことが間々起こるのです…笑)、今回は、「MMT論者」と「非MMT論者」との間での論争に多くの時間が割かれてしまい(しかも、「マネタリーベース」と「マネーストック」に関係はあるのか否かという、認識論的には凄く重要だけど、しかし、視聴者には伝わりにくいネタで…笑)、「消費増税批判」が置いてきぼりになった印象でした。もちろん、私はMMT支持者ですが、ああいう限られた場でMMTを紹介・擁護するとかえって議論が混乱する可能性も……と、今更言っても仕方がありませんね(議論自体は、終始、「MMT論者」が押していましたが)。いずれにせよ、消費増税が最悪な選択であることに変わりはありません。
 また、ついでと言っては何ですが、以前に出た「日本に本当の国家主権はあるのか?」(2019年4月20日)も紹介しておきます。これも、「保守派」のなかで私が浮いている動画です(笑)。何とぞ、よろしくお願い致します! 

www.youtube.com
www.youtube.com